量的調整と質的調整

金融政策には質的調整と量的調整があります。質的調整とは、一般的には公定歩合操作を主とした金利政策を指します。公定歩合を上げれば、日銀から貸出を受けている金融機関のコストが上昇するほか、コール、手形割引のレートがあがります。

いわば、お金の借りやすさ、借りにくさの度合いを変化させることで、金融の流れを調整しようとするのが質的調整です。

これに対して量的調整とは、世の中のお金の総量を増やしたり減らしたりすることを意味します。第一は貸出限度額制度で、これは市中銀行に日銀が貸し出しできる最高額を決め、これを変更することで市中銀行の貸出態度に影響を与えようという政策です。この限度額を下げれば、市中銀行は日銀からの借金に依存する度合いが小さくなり、信用創造をする力が減ります。